司法書士への相談は、司法書士の事務所を探すことから始まります。司法書士は、残業代請求のような労働に関する問題だけを扱っているわけではありません。さまざまな裁判の手続きや債務整理、土地や建物の登記などなど、法律に関係する手続きや書類作成を担う専門家なのです。いわば法律関係のプロなのですが、労働問題の解決が得意な司法書士もいれば、債務整理を中心に活躍する司法書士もいます。もちろん、幅広い業務内容のすべてにおいて責任を持って活躍する司法書士がほとんどですが、まれに逆のケースもないとは言い切れません。どの司法書士を選ぶかは、残業代請求が成功するかどうかの大切なポイントになってくるのです。今では、インターネットで司法書士事務所を探すのが一般的になりました。彼らのサイトを閲覧するだけでも、残業代請求を解決するためのヒントがたくさんのっていますし、相談を無料で行っている事務所も多いです。これを利用して、その司法書士と自分の相性を見てみるのも効果的な方法です。複数の事務所に同じことを何度も相談するのは、時間も掛かって面倒と感じてしまうかもしれませんが、司法書士選びは、あなたの残業代請求そのものが成功するか失敗するかを大きく左右します。きめ細かなアドバイスをしてくれ、自分の疑問を丁寧に解消してくれる司法書士に出会えるよう、根気強く相談してみましょう。残業代は、最大で過去2年間分を請求することができます。タイムカードや業務日報など、自分自身で用意するもの以外は、用意すること自体が素人には難しい書類や実行に時間の掛かる手続きが多いです。司法書士を頼れば彼らへの報酬を支払わなければならなくなりますが、孤独な戦いとなりやすい労働問題において、司法書士はたいへん心強い存在となってくれるはずです。