弁護士相談の注意点は

相談する前に、相談内容をまとめることが重要です。紙に書きだして整理することを勧めます。
勘違いしてはいけないのは、弁護士は相談者の身の上話を聞くのが仕事ではないことです。
トラブルの内容を率直に伝えれるよう、考慮すべきです。修飾や追憶、誇張の表現は使用せず、事実の概要と困っている内容だけを伝えるのがベストな方法になってきます。
また、伝える内容が長くなる場合は、紙に時系列に書き出して整理し理解りしやすくする工夫が必要です。
内容を把握する上で弁護士が理解しやすくなるからです。問題点、疑問点も紙に書き出せば自分自身も伝えやすいです。
突然、弁護士事務所に行っても他の相談者との約束があります。その場ですぐ相談は出来ません。
最初は、電話相談が無難です。無料相談は、料金を気にせず気軽に相談できます。ただし、ボランティアではないので時間制限があります。
限られた時間で内容を伝えるには、内容をまとめた上記の紙が役に立ちます。FAXがあれば紙を送信すればいいだけです。
後は、詳しい相談をする予約日を決めるだけになります。弁護士事務所に行くときには持ち物に注意して下さい。関係のある資料を持参する必要があります。
契約書、請求書、通知文などの書面や参考資料を用意する必要があります。弁護士は、相談者の話しの内容が正しいか判断する材料を欲しがっています。書類や資料があれば、相談者が間違った相談をしていないか弁護士側から判断出来ます。相談者の思い込みで、話がとんでもない方向に進むのを防ぐことができます。弁護士に相談する上で一番大切な事は、相談者本人が一番不利だと思われる事情も含めて相談すことです。弁護士には守秘義務があるので、相手側に不利な情報が漏れる心配がありません。
相談者の不利な事情を考慮せず、弁護士が話を進めると解決の方法誤ってしまう可能性があります。最悪の場合、取り返しのつかないミスになってしまいます。
相談者の情報を包み隠さず、弁護士と共有できるのが重要になってきます。その為、信頼できる弁護士を選ぶのが大切になってきます。
信頼できる弁護士を選ぶポイントは、相談者の取るべき手段、取り得る手段について相談者に十分に説明してくれるかを確認する必要があります。
また、弁護士が相談者に都合のいい話だけしていないか確認します。弁護士費用についても合理的に説明してくれるか確認が必要です。