残業代請求の専門家

残業代を請求する方法として、まず思いつくのは、会社に直接請求するやり方かもしれません。しかし、ほとんどの人が法的なことに関する知識がなく、また、その後の業務に差しさわりが出ないかという不安もあり、スムーズに行かないケースがほとんどであることも事実でしょう。
そこで、浮かんでくるのが専門家に相談して、請求するというやり方です。ただ、このやり方も敷居が高い感じがして、なかなか踏み切れないところはあると思います。残業代は、働いた分に対する報酬ですので、それを請求することは、正当な権利です。その権利を使うために、専門家に相談するという方法は、スムーズに事を解決するための方法のひとつとして、だれにどのように相談すればいいのか、知っておくといいと思います。残業代の請求をするに当たっての相談先としては、次のような人たちが挙げられます。弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士などです。

窓口選びについて

残業代の請求を相談できる専門家は、いくつかの窓口がありますが、それぞれできる仕事の範囲が違いますので、どこへ相談すれば一番いいのかを自分のおかれている状況から判断する必要があります。
まず、もっとも仕事の幅が大きく、本格的に残業代を請求する場合には、弁護士に相談するのがいいでしょう。弁護士は、内容証明作成、交渉、場合によっては裁判も起こすことができますので、請求する金額が大きい場合や、大勢で請求しようとする場合の相談先として適しています。
次に、司法書士ですが内容証明作成に加え、140万円以内の請求であれば、依頼人の代わりに裁判をできる権利を有していますので、条件に当てはまる場合には、司法書士に相談できます。社会保険労務士は、裁判を行う権利がありませんが、請求のサポートをしてほしい、アドバイスがほしいなどの場合には、相談に乗ってもらうことができます。
行政書士の場合にも、内容証明などの書類作成はできますが、裁判の権利はありませんので、注意が必要です。こうした窓口は、最初は敷居が高く感じられ、自分で解決しようとしてしまうかもしれません。しかし、やり方が間違っていれば、自分にとっても会社にとってもメリットがありません。わからないことや不安なことがあれば、まずは相談してみて道筋を立ててみてはどうでしょうか。