正社員の残業代請求

もし残業をしても、残業代が支払われていないのであれば、請求する権利があります。しかしいきなり残業代を直接請求することは、普通はありません。まず残業代請求をするためには、証拠集めをする所からはじめましょう。これだけの時間を残業しましたと言うことを証明する客観的なデータを準備することです。まず会社は、労働者がどれくらい勤務をしたかについて、記録を残しておく義務があります。しかし労働者がその情報を開示請求する権利がありません。
そこで、もし残業代請求を検討しているのであれば、できる限り自分で残業したことを証明する証拠を残して集めるように心がけましょう。例えば、タイムカードや出勤簿の記録を残しておくことや退社や出勤時間もメモしておけば、有力な証拠になります。できる限り多くの証拠を集めることによって、その根拠の裏付けが高くなります。
そして残業代を請求するのですが、いきなり裁判所に持ち込むのではなく、口頭で請求しましょう。もし相手にしてくれないのであれば、書面で請求する方法もあります。退職をするつもりがないとか、穏便に解決をしたいのであれば、口頭で最初に請求すべきです。もしすでに退職をしているのであれば、いきなり内容証明を送りつける方法もあります。もし証拠がきちんとそろっていれば、これだけでもきちんと応じてくれる可能性は高いです。

派遣の残業代請求

派遣社員として働いていると、正社員と比較して、いろいろな権利が制限されていると思っている人はいませんか?もしそうであれば、そのような考え方は見直すべきです。例えば、派遣先で残業をした場合には、きちんと請求すれば、割増賃金を手に入れることはできます。労働基準法では、1日8時間、1週間で40時間を超える労働に対しては、残業手当を支払わないといけないことになっています。これは派遣・正規スタッフ関係なしで、請求できる権利です。
ちなみにそうは言われても、もらい損ねてしまったままその会社を辞めてしまったという人もいるかもしれませんね?しかし心配する必要はありません。もしすでに派遣先との契約を完了していても、2年前までであれば、残業代請求をすることができます。
もし残業をさせられているのであれば、あなたが登録をしている派遣会社の担当者に相談をしましょう。そうすれば、派遣会社を通じて、残業手当の請求をしてくれる可能性もあります。ただしこの場合も、きちんと根拠になる証拠があった方が、説得力が増します。